弁護士コラム

22 内縁の配偶者について

2017.01.18

内縁の配偶者が死亡した場合に、生存している内縁配偶者に配偶者相続権が認められるか、ということが問題になることがあります。

内縁の配偶者であっても、法律上の配偶者と同程度に被相続人との関係性が深いため、民法上の相続人ではないが相続人と同視してもいいのではないかとも考えられるところです。

しかし、これについては、判例上内縁の配偶者が死亡した場合には生存配偶者には配偶者相続権は認められないとされており、否定的な見解がとられています。そのため、内縁の配偶者に遺産を与えるためには、遺言書を作成しておくことが望ましいと言えます。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

096-356-7000

お問い
合わせ