弁護士コラム

105 離婚後の戸籍

2017.01.18

離婚をすると、婚姻中の戸籍から、婚姻によって籍に入った方が除籍(戸籍から外れることをいいます。)されます。結婚した際には一般的に夫を筆頭者とする戸籍を作成していることから、離婚時には、妻であった方がこれまでの戸籍から外れることになります。

そして、従前の戸籍から除籍された方は婚姻前の戸籍に戻ることが原則となりますが、婚姻前の戸籍が既に除籍されている(父母が死亡していることなどによって既に戸籍が存在しないことを指します)ときや新戸籍編成の申出をしたときは、新戸籍を編成することができます。離婚届に新戸籍編成のための記載欄がありますので、新たな本籍地を記載して新戸籍を編成することになります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

096-356-7000

お問い
合わせ