弁護士コラム

52 養育費の金額の変更の判断基準

2017.01.17

養育費の金額を変更するにあたっては、下記のような事情を考慮に入れて判断されることになります。

①転職に伴い収入が減少若しくは増額したなどの収入の変動

この場合、将来に減収する可能性があるというように、将来の不確実な事情を前提とした場合には、変更は認められないのが一般的です。

②家庭環境の変化

支払義務者に家族が増え、扶養する者が増えた場合や、権利者が再婚した場合には、通常、養育費は減額されることになります。

③大きな事故やけがによって支出が増大したこと

④物価の大幅な変動

③も④も、当初予測しえなかった事情に該当するため、養育費の変動が認められます。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

096-356-7000

お問い
合わせ