弁護士コラム

26 不貞行為

2017.01.17

不貞行為とは、配偶者が自由な意思をもって配偶者以外の者と肉体関係を持つことを指します。

したがって、キスをする、手をつなぐ行為など肉体関係以外の行為だけである場合については、不貞行為に当たらないことになります。ただし、このような行為も、「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」に当たる可能性があるので、注意が必要です。また、風俗に行く行為や生活のために風俗で働く行為についても、不貞行為に当たります。

なお、不貞行為については、配偶者や不貞相手に対する慰謝料請求が問題になるケースも多々ありますので、改めて説明します。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

096-356-7000

お問い
合わせ