弁護士コラム

27 悪意の遺棄

2017.01.17

悪意の遺棄とは、正当な理由がないにもかかわらず、同居・協力義務を果たさないことを指します。

一家の大黒柱であるはずの夫がある日突然理由もなく家を出て行き、ある程度の期間にわたって生活費を一切入れない場合などがこれにあたります。

反対に、正当な理由がある場合、すなわち、合意による別居等や病気療養などによる別居の場合には悪意の遺棄とは認められません。

相手方配偶者の行為が、悪意の遺棄に該当する場合には、判決により離婚が認められることに加え、遺棄の程度や悪質性によっては、慰謝料請求が認められる場合

もあります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

096-356-7000

お問い
合わせ