弁護士コラム

34 生命保険金

2017.01.18

生命保険金については、保険契約者が被相続人である場合は、保険金受取人が誰であるかによって扱いが変わってきます。

まず、保険金受取人が相続人中の特定の者である場合は、指定された者は固有の権利として保険金請求権を取得します。そのため、この場合には、生命保険金は遺産分割の対象にはなりません。

次に、保険金受取人が被相続人である場合は、被相続人の死亡と同時に被相続人の財産となりますので、遺産分割の対象になります。

このように、生命保険金につきましては、保険金受取人が誰になるかによって扱いが異なりますので

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

、注意が必要です。

 

 

096-356-7000

お問い
合わせ